ごあいさつ Greetings

新時代を切り開く食のフロンティア企業を目指して

新時代を切り開く食のフロンティア企業を目指して

当社は昭和22年の秋、国の「指定水産物出荷機関」として創立されました。第二次世界大戦終戦直後の当時、国民の食糧問題は非常に深刻で、早急な栄養不足の改善と動物性タンパク質の円滑な供給が必要とされていた為です。

その後、時代の変化とともに国民の食糧事情は改善され、当社も大きな変貌を遂げてまいりました。

中でも食のグローバル化にともない、当社は函館から世界のマーケットを見据えた「現地プロジェクト推進型」の企業として成長し続けてまいりました。

1994年のモロッコでの定置網事業を皮切りに、メキシコやマルタ等の海外でのマグロ畜養事業を展開するだけでなく、韓国に支店と2か所の工場やマグロ専門の関連会社を有し、中国やメキシコに現地法人も設立しております。

また、海外への輸出入や三国間貿易等も行うことで、水産品の総合商社としての確固たる評価をいただいております。

さらに国内においては、海外で培った技術を活用し、高知県でのマグロ畜養事業も推進しております。
また、函館近郊には最新設備が整えられた加工場があり、そこでは函館市の名産でもあるイカソーメンや松前漬け等の製造販売を行っております。加工場で製造された製品は、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでの販売だけでなく、通信販売事業での需要も拡大し続けております。

それでもやはり、水産業界は自然環境や各国の情勢に影響されやすい、非常に厳しい業界であることに変わりはありません。
そこで当社は、従来の水産物の問屋機能や冷蔵倉庫業をより一層安定させるために、不動産賃貸事業で経営の盤石な基盤をつくるだけでなく、介護事業等の関連会社も有し、グループ全体で水産会社の枠を超えたグローバルな多角経営会社へと成長を遂げました。

今後も多くのお客様のお役に立てるよう、そして役職員一人一人がやりがいと誇りをもちながら社会貢献のできる企業となるべく切磋琢磨してまいりますので、皆様のご指導ご鞭撻をお願いいたします。

オンラインショップのご案内

商品カタログダウンロード